FiveForces分析 コントロール可能かもしれない外部要因

自社の現在の環境又は参入しようとする業界の環境を分析するためのフレームワークとしてファイブフォース分析があります。
自社のポジショニングや他社との関係性によって制御することが可能な外部環境といえます。

①新規参入の脅威
業界への参入障壁の高さで決まってきます。参入障壁は制度のほかに、規模の経済性、ブランドの強さによって決まります。
②同業他社との競合
現在の同業他社との競争関係です。競合企業の多さとか、リーダー・チャレンジャーフォロワー・ニッチャーといった競争地位で決まります。
③代替品の脅威
既存商品と比べて安価だったり優れた代替品があるかどうかです。「イノベーションのジレンマ」により対応しにくい場合があります。
④売り手の交渉力
供給業者、仕入業者の交渉力が強いと収益力が低下します。売り手が差別化されていたり、スイッチングコストが高かったり、自社への依存度が低い場合に強くなります。
⑤買い手の交渉力
顧客の交渉力が強いと値下げ要求に繋がります。ブランドの強さ、スイッチングコスト、寡占度などで決まります。

ファイブフォース分析を行うことで、競争を避けるためのポジショニングを決めたり、参入先の判断に活用することができます。
予測不能な時代では、5Fの環境は常に変化しているといってもいいかもしれません。

未分類

Posted by Masato Shimada