組織の三要素 ①コミュニケーション②貢献意欲③共通目的

組織がなんだかバラバラだ、部下が思ったとおり働いてくれないというときには、チェスター・バーナードの、組織が成立するための三要素を思い出します。

組織は
①意見が伝達される
②人が、貢献する意欲を持っている
③共通目的を持っている
ときに成立します。

この要素を満たすために、経営者は、グループウェアを活用したり、動機付けを行ったり、ミッションやビジョンの共有や会議などを設計します。
当たり前のようですが、これがうまくできていない理由で組織がうまく働かないことがあるように思います。
また、優秀なメンバーほど、自分の仕事が社会的に意味があるのか、自分のスキルアップにつながっているかについて自問しながら仕事をしてます。

組織に関して、中小企業診断士はこの3つそれぞれの要素について分析して、解決策を提示いたします。

未分類

Posted by Masato Shimada